看護師のブランクからの復帰について

看護師といえば女性が多い職業ということもあり、結婚や出産の関係で職場を離れてしまう方も多いです。ですが、せっかく取得した国家資格なので環境が落ち着いたら職場に復帰したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

ですが、実際にブランクから復帰した方の中には様々な悩みを抱えてしまう方も多いようです。 例えば、ブランクから復帰した後に採血恐怖症に陥ってしまったという方もいます。 これは、しばらく採血から遠ざかっていたことも関係しているでしょう。

なかなか採血がうまくいかないと自信の喪失にも繋がってしまいます。 また、職場から離れている期間が長いと最新の医療技術や知識についていくことができず、復帰した後も活躍できなくなってしまうことはいるようです。

周りの技術や知識についていくことができないと同僚にも迷惑をかけてしまうのではないかと不安になりますよね。

ですが、職場選びにさえ注意しておけばブランク後もスムーズに働く始めることができるでしょう。 特におすすめなのが研修制度などに力を入れているところを選択するということです。 病院の中にはブランクから復帰したいと考えている方のためにかなり天然な研修を取り入れているところもあります。

もし、そういったところが見つからなかったとしてもブランクを希望している看護師向けに開催されているセミナーなどに参加してみてはどうでしょうか。

開催されている地域はそれほど多くないのですが、自分の行ける範囲で行われるセミナー情報をチェックしてみましょう。

ブランクの長い方でも働きやすい職場探しの方法については転職支援サイトを使うと便利です。 転職支援サイトには様々な求人情報が集まっているため、ブランクのある方でも問題なく採用してもらえる病院などが見つかるでしょう。

それに、再就職が決まるように様々なサポートをしてもらえます。 自分1人ではなかなか就職先が見つからずに不安に感じてしまうかもしれませんが、転職支援サイトの力を借りながら転職を実現しましょう。

看護師転職で転職支援サイトを使う魅力とは?

看護師の転職方法はいろいろありますが、人気が出てきているのが転職支援サイトを使った方法です。 転職をするとなれば何かと不安に感じてしまう方が多いはず。 転職支援サイトはそのような方をしっかりサポートしてくれます。

ですが、一度も転職支援サイトを使ったことがないという方は具体的にどのような魅力があるのかわからないかもしれません。 そこで、転職支援サイトを使う魅力・メリットなどについてご紹介しましょう。

何と言っても最大のポイントともいえるのが非公開求人という物に関することです。 非公開求人とは、その転職支援サイトに登録している人のみが閲覧できる求人情報のことで、一般的な求人に比べると好条件のものがそろっています。

なぜ求人を出すのにわざわざたくさんの人から見られないような状態にするのか疑問に感じるかもしれませんが、非公開求人の多くは好条件であるため、大々的に募集をかけてしまうとたくさんの応募が集中してしまうのです。

集まった求人情報を整理したり、大勢の面接を行うというのは企業にとっても負担ですよね。 そのため、非公開求人という形で限定された方のみに求人情報を提示しています。

それから、自分1人で転職に関する情報を集めるよりも様々な情報を集めやすいというのも転職支援サイトを使う魅力です。

1人で転職活動をしてしまうと好条件の求人情報を見逃してしまったり、スケジュールの調整ができないこともありますよね。 ですが、転職支援サイトにはお知らせメール機能というものがあります。

自分が希望している条件に合った求人情報が出たらすぐにお知らせがもらえたり、様々な形で転職活動をサポートしてもらえるのです。

また、転職支援サイトに登録するとプロの転職エージェントが担当についてくれます。 これは非常に心強いことではないでしょうか。

例えば、自分から言い出しにくいことを病院側と交渉してくれたり、面接に同行して助けてくれたりするのです。 このように転職支援サイトを利用することにより様々なメリットが得られます。

手術室の看護師が注意すべきこと

看護師には様々な職場が用意されているわけですが、中でも高度な技術を必要とするのが手術室のお仕事です。 様々な知識や技術を要するため、看護師の役割というのも非常に大きくなります。

ただ、その中でトラブルが起きてしまうこともあるので、特に注意しておきたいポイントをご紹介しましょう。

まず、手術の体位に関することです。 短時間の手術であればそれほど問題はないのですが、何時間もかかるような大規模な手術の場合、不適切な手術体位をとらせてしまうと褥瘡を形成してしまうことがあります。

次に、手術器械に関する管理も看護師の大切な役割です。 手術室で使う手術器械と言えば様々な種類がありますよね。

中にはメスや縫合針といった扱いに注意しなければならない危険なものもあるため、手術室で働く看護師はしっかり手術器械を管理しなければなりません。

それから、患者さんの情報を収集・管理するのも看護師の仕事です。 手術に対して不安な気持ちを抱えている患者さんは非常に多いのですが、その不安も取り払わなければなりません。

例えば、麻酔に対して非常に不安を抱えている患者さんに対し、大した説明をせずに手術する形になってしまうと、患者さんは必要以上に大きな不安を感じてしまうことでしょう。

ですが、手術内容や麻酔の安全性などについて詳しく説明をしておくことで患者さんの不安を取り除くことができます。

患者さんの情報を得る際には歯の状態についても確認しておきましょう。 例えば、ぐらついている歯がある場合、麻酔導入時などに歯牙の欠損が起きてしまい、医療事故が発生してしまう可能性が考えられます。

このようなことは患者さんに事前に確認しておくことで判断できる事ではありますが、確認を怠ってしまうケースもあるようなので十分に注意しましょう。

最後に、手術中は患者さんの体温調節も重要になります。 手術中はほかにも確認しておかなければならないことがたくさんあるのですが、ここでご紹介したことは基本的なことなので押さえておきましょう。

企業で働く看護師の需要が増している理由

病院ではなく企業で働きたいと考える看護師が増えているようです。 需要も伸びているので、転職を検討している方の中には企業を考えている方も多いのではないでしょうか。

その中でも特に需要が高くなっているのが治験関係の企業です。 新薬を開発するためには様々な人が関わっているのですが、どの製薬会社も業務の効率化を図るために対策を取っています。

それにより経営効率化なども実現しているのですが、製薬会社の多くは医薬品開発支援企業に対して治験関連の業務を委託しているのが現状です。

実際にフィールドナースの求人情報をチェックしてみると、医薬品開発支援企業から出ているものが多く、需要は非常に高いといえるでしょう。

それから、フィールドナースの需要が高まっているもう一つの理由として外資系の製薬会社が日本に進出しているということが挙げられます。

日本にはたくさんの外資系の製薬会社が存在するのですが、一般的な製薬会社に比べると外資系の製薬会社はコスト削減に力を入れている傾向が強いのです。

医薬品開発支援企業に業務委託を依頼することも多く、求人情報はさらに増えています。

治験の仕事は病院の仕事とは違いますが、CRCと呼ばれる治験コーディネーターやCRAと呼ばれる臨床開発モニターに興味のある方は検討してみると良いですね。

この仕事はどちらも看護師資格を活かして働ける職業です。

企業で働く大きなメリットとして挙げられるのが、勤務時間や日数が安定するということ。 病院では予想外の残業なども発生してしまうこともありますが、企業ではほとんどなかったり、事前に確認できる場合が多いです。

それに、休みもしっかりとることができるので、病院での不規則な勤務生活に疲れている方は企業も検討してみると良いでしょう。

安定した職場で働きたいということで企業を選択している看護師も多いようです。 もちろん、どちらが自分に向いているかというのは人によって違います。 まずはそれぞれの業務内容をチェックし、自分に向いているのはどちらか考えてみるといいですね。

このページの先頭へ